HOMEに戻る

うまい仙台の牛たんを食べてマイルを貯めよう | 「太助」の初代店主が試行錯誤の末に牛たん焼きを初めて店で出したのが昭和23年のこと。名物料理として定着した牛たんを食べて、おいしくマイルを貯めよう。

東北地方最大の都市豊かな自然に抱かれた杜の都

伊達藩の城下町として栄えた仙台は、東北一の大都市。杜の都の象徴でもある定禅寺通はまさに緑の回廊。勾当台公園から西公園を結ぶ約700メートルのケヤキ並木にはブロンズ像があり、ジャズフェスティバルやイルミネーションなど、一年を通して多くのイベントが催されている。
松尾芭蕉も訪れた日本三景・松島は、仙台駅からJR仙石線で30分ほどの場所。仙台を訪れた際には立ち寄りたい場所のひとつだ。

うまい牛タンを食べてマイルを貯めよう

仙台の牛たんがおいしい理由|仙台の牛たん焼きは、焼肉店のタン塩とは似て非なるもの。一般的に焼肉店のタン塩は、皮をむいてスライスしたもの。仙台の牛たんは、素材が厳選されていることはもちろん、牛たん(原木)の皮をむいて厚くスライスした後、数日間かけて熟成させている。その際、味付けも同時にされるため、店ごとの違いがうまれるのだ。好みの牛たんを探すなど、食べ比べをしながら店を“ハシゴ”するのもおすすめの楽しみ方。

マイルが貯まるおすすめレストラン

  • 炭焼牛たん東山 仙台中央二丁目店 TEL/022-263-4129 宮城県仙台市 | 牛たん
  • すてーきはうす 伊勢屋 TEL/022-262-0012 宮城県仙台市 | ステーキ
  • 牛たん
  • 圭助 虎ノ門一丁目 TEL/03-3595-1109 東京 | 牛たん
  • 圭助 四谷三丁目 TEL/03-3226-1109 東京 | 牛たん
  • 圭助 渋谷明治通り TEL/03-3400-0080 東京 | 牛たん

みどころクローズアップ

  • 伊達政宗のゆかりの地を巡る|仙台城址(青葉城址)には伊達政宗の騎馬像が鎮座。伊達政宗を祀る瑞鳳殿は桃山時代の廟建築として、昭和6年に国宝に指定されたが、第二次世界大戦末期に焼失。昭和54年に再建された。松島にある国宝・瑞巌寺は伊達政宗の菩提寺として知られている。
  • 街に点在する緑の名所100選|街の至る所で緑のある風景が見られる。なかでも、仙台駅へと続く青葉通、定禅寺通、広瀬通はケヤキやイチョウ並木が続き、散策にぴったりの場所だ。桜や紅葉の名所も多く、仙台が“杜の都”と呼ばれる所以を体感できる。
  • 奥州三名湯のひとつ歴史ある秋保温泉|宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯に数えられる名湯。その歴史は古く、古墳時代には存在していたという説もある。多くの宿が仙台駅からの送迎サービスを実施。時期により、磊々峡(らいらいきょう)のライトアップも楽しめる。

旬の宮崎、イベントクローズアップ

夏まつり仙台すずめ踊り 例年 7月最終日曜日

7月下旬

夏まつり仙台すずめ踊り 7月28日(日)

平成15年から始まった仙台の新しい夏祭り。会場は仙台駅東口の宮城野大通り。
すずめ踊りのグループが例年約40組も参加し、踊り手たちの熱気に包まれる祭りとして定着しつつある。

仙台七夕まつり 8月6日(火)〜8日(木)

8月

仙台七夕まつり 8月6日(火)〜8日(木)

伊達政宗の時代から続く絢爛豪華な七夕祭り。
祭りの開催期間中には約200万人の見物客が見込まれ“日本一の七夕”として
注目されている。仙台市中心部のアーケード街(名掛丁〜大町)で大規模な七夕飾りが見られる。
5日(月)には仙台七夕花火祭が開催される。

広瀬川灯ろう流し 光と水のコンサートの夕べ 8月20日(火)

8月

広瀬川灯ろう流し 光と水とコンサートの夕べ 8月20日(火)

広瀬川河川敷を舞台にした光と水と音の祭典。約3,000個もの灯ろうが川面に揺らめき幻想的な光景が見られる。
地元の高校生による「光と水とコンサートの夕べ」、祭りを締めくくる花火大会も必見。

時間:15:00〜21:00 ※花火大会20:00〜
料金:入場無料、新盆灯ろう券3,000円
場所:仙台市広瀬川河岸宮沢橋下特設会場