HOMEに戻る

東京下町もんじゃを食べてマイルを貯めよう

懐かしい風景と味に出逢える東京のウォーターフロント、月島

隅田川と東京湾に囲まれた東京下町のウォーターフロントエリア。築地場外市場や、下町情緒溢れる街並みなど、観光客にも嬉しいポイントがいっぱい。特に佃・月島界隈は、昭和の面影と近代的な高層ビル群が混在する不可思議な風景や、名物のもんじゃ焼きが人気の的。大人も子供も楽しめる絶好の散策スポットとなっている。

メインイメージ

お好み焼きの原型とも言われるもんじゃ焼き。大きな違いは、小麦粉を溶かす水の量が多く、ソースなどの調味料もそこに混ぜてあること。各々が小さなはがし(ヘラ)で鉄板に押さえつけて、焦がしながら食べるのも特徴的。表面の焼けた部分はカリッ、中はトロッの食感がたまらない。焼き方がわからない時はお店の人にお任せを。

マイルが貯まるおすすめ店

  • もんじゃ 近どう 本店 TEL/03-3533-4555
  • もんじゃ 近どう 2号店 TEL/03-3533-4555
  • 月島名物もんじゃ だるま TEL/03-3531-7626
  • まつ里亭 TEL/03-5249-0666
  • 田焼 大森店 TEL/03-5767-6333
  • もんじゃ・てっぱん焼 ハッピー工場 TEL/03-6415-1166

※最新の店舗情報は上記グルメマイルサイトにてご確認いただくか直接店舗へご確認ください。

みどころクローズアップ

  • 月島もんじゃストリート(西仲通り商店街)/地下鉄月島駅からすぐ、勝どき駅からも徒歩5分。60ものもんじゃ焼き店が集まっている「月島もんじゃストリート(西仲通り商店街)」。もんじゃ焼きにも色々な焼き方があり、具材で土手を作り、その中に生地の液を流し込んで焼くのは月島流なんだとか。下町風情と名物をぜひ味わって。
  • 隅田川に架かる重要文化財、勝鬨橋/「全長246m、幅22m。珍しい開閉式の橋(跳開橋)。その名は、日露戦争当時の勝利を記念して作られた「勝鬨の渡し」に由来する。1940年に完成。現在は可動していないが、かつては中央部が開き大型船が通航していた。2007年、国の重要文化財指定。ライトアップされた夜の橋も美しい。
  •   
  • 豪華な客船も見られる、晴海ふ頭/東京の海の玄関口である「晴海ふ頭」。豪華クルーズ客船が停泊する場所であり、国内外の美しい船が見られたり、入港、出港のセレモニーの様子を垣間見ることも。ふ頭の中央には「晴海客船ターミナル」があり、展望台やガラス張りの休憩スペースから眺望を楽しむのもおすすめ。

旬の東京下町、イベントクローズアップ

第67回 東京みなと祭

2015年5月

第67回 東京みなと祭
2015年5月23日(土)、24日(日)

1941年5月20日に国際貿易港として開港した東京港。この開港記念日を祝して行われる「東京みなと祭」。東京港に関連する団体のPRコーナーや、東京消防庁による「水の消防ページェント」など、大人も子供も楽しめる多彩なイベントが行われる。

場所:晴海客船ターミナル(東京都中央区晴海5-7-1)及びその周辺
時間:10:00〜17:00
お問い合わせ:03-5379-1336(東京みなと祭運営事務局)

夏越し大祭「つきじ獅子祭」

2015年6月

夏越し大祭「つきじ獅子祭」
2015年6月10日(水)〜14日(日)

災難を除き、波を乗り切る、築地・波除(なみよけ)稲荷神社。江戸初期、激しい波風をおさめた御神徳のあらたかさに驚き、奉納された「龍」「虎」「獅子」の巨大な頭を担いで回ったのがこの祭りの始まり。6月10日に大祭式、その前後の金曜日〜日曜日に各種祭礼を執行。縁日も並ぶ。

場所: 波除稲荷神社(東京都中央区築地6-20-37)

2015年4月

お問い合わせ:03-3541-8451(波除稲荷神社)

次回のGOURMET TRAVELの更新は6月下旬頃の予定です

バックナンバー