HOMEに戻る

小樽でグルメマイルを貯めよう

レトロな町並みにタイムスリップスキーも海鮮も満喫できる小樽

古くから港町として栄えてきた運河と坂の街、小樽。古き良きノスタルジックな風景に出逢える小樽運河は、見逃せない観光スポットだ。また、スキーの町といわれるだけに、雪質のよいスキー場が3ヶ所あってアクセスも便利。もちろん新鮮な海産物を求めて市場や寿司店を巡る楽しみも…。北海道有数の観光地、小樽を満喫しよう。

メインイメージ

寿司にスイーツ、食の楽しみ満載! 小樽の食の楽しみといえば海の幸。港町として有名な小樽だけに、北海道の新鮮な海産物を扱う市場が多数。旬の魚介をお手頃価格で手に入れたり、海鮮丼に舌鼓も。そしてなんといってもお楽しみは、小樽に130店舗以上あるという寿司店の食べ歩き。またチーズケーキを始め、スイーツの有名店も多く、別腹も満足させてくれる。

マイルが貯まるおすすめ店

  • 伊勢鮨
TEL/0134-23-1425
  • テラス ブラッセリー
TEL/0134-21-3402
  • おでん 焼き鳥 らく天
TEL/	0134-22-6336
  • リタ
TEL/0134-33-5001
  • 小樽 貴賓館 (旧青山別邸)
TEL/018-834-0504
  • パデーラ
TEL/0134-24-0500

※最新の店舗情報は上記グルメマイルサイトにてご確認いただくか直接店舗へご確認ください。

みどころクローズアップ

  • 大自然に囲まれた、おたる水族館 イルカ、トド、セイウチ、ペンギンなどのショーで人気のおたる水族館。日本近海に生息する5種類のアザラシすべてを展示するなど、常時約250種類以上の生物を公開。遊園地やレストランも併設されており、家族みんなで一日中楽しめるのも魅力だ。※2月29日〜3月18日は休館日
  • 小樽観光のシンボル、小樽運河 大正12年に完成し、かつてはこの地の海運を支える水路だった小樽運河。今では散策路が整備された情緒溢れる観光スポットに。冬には運河沿いの石造りの倉庫が雪に包まれる様子も美しい。写真を撮るにも絵になる場所ばかりだから、ゆっくり散策しながら、撮影を楽しむのも旅の醍醐味。
  •   
  • ミシュラン一つ星の眺望、天狗山 山麓から山頂まではロープウエイで約4分。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」一つ星を獲得した小樽天狗山山頂からの眺望は、市街が一望できる絶景ポイント。山頂には「鼻をなでると願いが叶う」といわれる「鼻なで天狗さん」の銅像や、景色も食事も楽しめる山頂展望レストランも。

旬の小樽、スキー場情報

スノークルーズ・オーンズ

春香町

スノークルーズ・オーンズ

札幌と小樽市の中間にあり、市内から30分以内とアクセス抜群のスキー場。毎週イベントがあり楽しみ方はいろいろ。2/27(土)、3/26(土)の「親子デイ」は、セットでお得なリフト一日券を用意。親子で楽しめるイベントが開催される。

時間:17:30〜23:00 ※31日は24:00消灯
場所:小樽市春香町357番地
時間:9:00〜23:00
※2月限定、金・土 24時まで営業 ※2・3月限定、土・日・祝 8時から営業 ※クローズ3月27日(日)予定
お問い合わせ:ゲレンデダイヤル TEL 0134-62-2424
TEL 022-261-6515(受付時間 9:00〜17:00 土日祝休み)

小樽天狗山スキー場

最上

小樽天狗山スキー場

絶景パノラマが魅力の天狗山スキー場。「北海道三大夜景」の一つ、きらめく夜景も眺められる。山麓には「スノーパーク(そり滑りエリア)」も登場。そりやチューブのレンタルもあるので、子供とも一緒に、気軽に雪遊びが楽しめる。

場所:小樽市最上2-16-15
時間:リフト 9:00〜16:00
※スノーパークは、11 時から営業 ※クローズ3月27日(日)予定
お問い合わせ:ロープウエイチケット売場・スキー場事務所 TEL 0134-33-7381

朝里川温泉スキー場

朝里川温泉

朝里川温泉スキー場

多彩なコースを誇り、アフタースキーには天然温泉につかる楽しみもあるスキー場。好評のスキースクールは、一般、プライベート、グループレッスンがあり、ジュニアから上級者まで、経験豊富なトップインストラクターが指導してくれる。

場所:小樽市朝里川温泉1丁目
時間:9:00〜17:00
※3月22日以降 16:00まで
※スキースクール受付時間 9:00〜10:15 レッスン時間 10:30〜12:30、13:30〜15:30 ※クローズ3月31日(木)予定
お問い合わせ:TEL 0134-54-0101 ※スキースクールのお問い合わせは、TEL 0134-52-1000

次回のGOURMET TRAVELの更新は2016年2月下旬頃の予定です

バックナンバー