HOMEに戻る

冬の札幌でグルメマイルを貯めよう!



観光やスキーの後は温泉でひと息
雪景色も楽しみな冬の札幌

大自然と都市が美しく調和する札幌。鮭の遡上が観察できる11月が過ぎ、12月下旬頃には積雪も増えて、本格的な冬のアクティビティシーズンが到来。スキー、スノーボードはもちろん、市内の大きな公園でも雪だるま作りやそり遊びが楽しめる。また、札幌近郊ではワカサギ釣りや日帰り温泉も満喫。冬の札幌を遊び尽くそう。

メインイメージ



うまさ際立つ、札幌グルメは冬が主役!札幌は言わずと知れたグルメの宝庫。冬の札幌は、今が旬の海鮮や寿司、本場のジンギスカン、熱々のラーメン、スープカレーなど、冬にこそ味わいたい名物が沢山。また、じゃがいもなどの大自然の恵みや、新鮮素材を生かした料理をふるまう名店もあちらこちらに。暖かい部屋で、札幌の冬の味覚を堪能しよう。

マイルが貯まるおすすめ店

  • 
        雲海
        TEL/011-242-2827
  • 
       ビヤケラー札幌開拓使
       TEL/011-207-5555
  • 
        ラ・ステラ
        TEL/011-895-8811
  • 
        杉ノ目 本店
        TEL/011-521-0888
  • 
        日本料理 随縁亭
        TEL/011-330-4461
  • 
        札幌 かに本家 すすきの店
        TEL/011-551-0018

※最新の店舗情報は上記グルメマイルサイトにてご確認いただくか直接店舗へご確認ください。

みどころクローズアップ

  • 国指定重要文化財、札幌市時計台 明治11年の創建から130余年。今も毎時、鐘の音が時を告げる札幌のシンボル。正式名称は「旧札幌農学校演武場」。北海道大学の前身、札幌農学校の演武場として、初代教頭クラーク博士の構想によって建設された。冬には雪化粧された時計台が観られる楽しみも。館内は資料館になっている。
  • 好立地なグルメスポット、二条市場 100年以上の歴史を誇る二条市場。街の中心部に位置し、訪れやすいのが魅力だ。かに、ウニ、ホタテなど、北海道ならではの海鮮土産を買ったり、新鮮なネタの海鮮丼や寿司を堪能したり。また市場内には、多彩な飲食店が軒を連ねる「のれん横丁」もあって、観光客に人気のグルメスポットだ。
  • 人気の景勝地、さっぽろ羊ヶ丘展望台 クラーク博士の立像で有名な、札幌を代表する観光名所のひとつ。広大な牧草地に羊たちの群れ、眼下に広がる石狩平野など、北海道らしい雄大な眺めが楽しめる。敷地内には、ジンギスカンが食べられるレストハウスや、足湯も設置。大自然の中で、ほっと旅の疲れを癒やすのもお勧め。

旬の札幌、イベントクローズアップ

第36回さっぽろホワイトイルミネーション

2016年11月〜2017年3月

第36回さっぽろホワイトイルミネーション
〈大通会場〉2016年11月18日(金)〜2016年12月25日(日)
〈駅前通会場〉2016年11月18日(金)〜2017年2月12日(日)
〈南一条通会場〉2016年11月18日(金)〜2017年3月14日(火)

冬の札幌を彩る風物詩。シンボルオブジェなどがきらめく大通会場に、立木の装飾が美しい駅前通会場と南一条通会場。 札幌市内中心部が光の芸術で包まれる幻想的なイベントだ。8丁目まで拡大された大通会場中間には飲食、物販ブースも出店予定。

場所:大通公園・札幌駅前通・南一条通

開催時間:16:30〜22:00(12月23日〜25日は24:00まで)

お問い合わせ:さっぽろホワイトイルミネーション実行委員会事務局((一社)札幌観光協会内)/

TEL 011-281-6400

 

さっぽろアートステージ2016

2016年11〜12月

さっぽろアートステージ2016
2016年11月5日(土)〜12月4日(日)

音楽、美術、演劇などの多彩な分野で、子供からプロまで一体となって楽しめる芸術祭。オリジナル作品を競い合う 「TGR札幌劇場祭」や、「さっぽろスクール音楽祭」、「クロスロードライブ」、「アートストリート」などさまざまなイベントを開催。

場所:
「TGR札幌劇場祭」札幌市内の10の劇場
「さっぽろスクール音楽祭」札幌コンサートホール Kitara
「クロスロードライブ」札幌駅前通地下歩行空間 北3条広場
「アートストリート」札幌駅前通地下歩行空間
開催時間:イベントごとに異なるため、公式ホームページをご参照ください。
お問い合わせ:さっぽろアートステージ実行委員会事務局/TEL 011-281-7117

 

次回のGOURMET TRAVELの更新は2017年1月下旬頃の予定です

バックナンバー