HOMEに戻る

SEASONAL ISSUE

寒い時期は鍋!あったか鍋料理を食べて マイルを貯めよう

冬と言えばやっぱり鍋。寒さ厳しいこの季節、あったかい鍋を囲めば、身も心もほっこり。今回は、マイルが貯まる鍋料理の名店をピックアップ!旬の食材もたっぷりと味わいながら、おいしくマイルを貯めよう。

鍋料理が楽しめる おすすめのお店

ちゃんこ鍋

引退した力士が店を出してふるまうようになり、世間にも広まったちゃんこ鍋。その味はじつに様々。鶏ガラスープで炊いた醤油味のソップ炊き。
ポン酢で食べる水炊き風。塩や味噌で味付けした寄せ鍋風など。美味しいのはもちろん、肉も野菜もバランス良くとれるのが人気の秘密だ。

炭火と鍋料理 たちばな 阿部野本店

てっちり

ふぐの旬である冬に味わうてっちりはまた格別。ふぐには毒があり、当たると死ぬという意味から、鉄砲、さらには略して鉄と呼ばれたことから、鉄のちり鍋、
てっちりとの呼び名がついたとか。だし汁にふぐの切り身や野菜を入れて煮込み、ポン酢でいただくのが一般的。しめには雑炊を楽しむことも。

たよし 曽根崎店

しゃぶしゃぶ

ぐつぐつと煮えただし汁に新鮮な肉をくぐらせ、ゴマだれやポン酢でいただく。その肉のだしが出た鍋で煮込む野菜や豆腐、くずきりがまた美味しい。
牛肉が主流だが、豚肉や魚介類を用いるところも。素材の持ち味を堪能できるしゃぶしゃぶは、性別、年代を問わず愛されている。

しゃぶ禅 六本木店

もつ鍋

福岡・博多の郷土料理であり、度々のブームを経て、すっかり全国区となったもつ鍋。代表的なスタイルは、鰹や昆布などでとっただしに、醤油や味噌で
味を付け、ニンニクを効かせたスープに、もつ、ニラ、キャベツ、鷹の爪(唐辛子)を加えて煮込むもの。コラーゲンたっぷりで女性にも人気だ。

牛もつ鍋 おおいし 住吉店

水炊き

調味料を入れず、水から鶏肉や野菜などの食材を煮立たせるのが水炊き。九州発祥のものと、関西発祥のものとで違いがある。たとえば博多風は、
骨付きの鶏肉を使ってその旨味を生かす。関西風は、昆布と水で食材を煮てポン酢でいただく。どちらも、つけダレや薬味次第で味の変化が楽しめるのも魅力。

てら岡 中洲本店

すき焼き

地域によって調理方法が異なるすき焼き。代表的なのは、醤油、砂糖、酒、みりんなどで作った割り下で、牛肉や食材を煮込む関東風と、先に肉を焼いて、
そこに砂糖、醤油などで味付けをする関西風。どちらも溶き卵につけていただく。舌の上でとろける甘辛味の牛肉は、まさにごちそうだ。

ちんや

ぼたん鍋

ぼたん鍋とは、猪鍋のこと。諸説あるが、猪の肉を薄切りにして、牡丹の花のように盛りつけることから、この呼び名がついたとか。野菜やキノコなどと一緒に、
味噌で煮て食べるスタイルが一般的。煮込むほどにやわらかくなる猪肉は、低カロリーなのに栄養満点。健康を気にする諸氏にも人気だ。

酒楽食彩 もっこす

美味い鍋を選りすぐり! 新鮮食材を生かした、店自慢の鍋料理がずらり。何を頼むかは、宴席の種類や、
その日の気分、体調によって決めてもいい。アツアツの鍋を囲んでの宴席は、この季節ならではのお楽しみ。旬の味覚を堪能したり、お酒を楽しんだり。身も心もあったまり、明日への活力も湧いてくる!

あくとり代官 鍋之進

三地屋 汐留店

※最新の店舗情報は上記グルメマイルサイトにてご確認いただくか直接店舗へご確認ください。

バックナンバー